なんかの夢

隙あらば自分語り

かたれない、肩出してるギャル、あたし?

 

水たまりのもっともっと奥の方、なんかあるふりして、なんもないってわかっちゃったの

どうしよう?

三人一組になってください。かわいい、一人っ子だもんね、ううん弟いる

                                                              

話したあとで要約される、あたしのことばが訳される

もうあたしのことばじゃないのに、でも、あたしってそんなことでしかないのかも

問われてる あなたから見られている私

ほんとうにほんとうにほんたうにうけいれらんない。ごめん。

 

感情がふきだしてあたしにはわからなくって大好き

よかった、ほんとうによかった、

からだが鳴ってる、悲しそうになってる、なんで泣いてるの?ねぇ、なんで泣いてるの?

「わかんない」

よかった、ほんとうによかった、全部わかるようになっちゃったら、あたしはもう

 

知ってる、知ってるの、あたしから出るあたしの言葉、あたしらしい言葉、新しくない言葉、きもい、、

あたしあたしって、ギリギリセーフ、「私」だったらアウトかも

わかんないことがないの、すでにみた風景、すでにみた言葉、すべて「知ってる」

新しい場所にいこ?違うの、この世界すべてがそうなのよ、

この世の外ならどこへでも

そんなとこいけない、って正論、文字になってるだけで秩序

字になるほどに消えていく、チープな比喩にチープな言葉、レトリックって言葉を避ける、レトリックってあたしの言葉じゃない、あたしの言葉じゃないならいいじゃん

 

主題とテーマと意図がよまれる、ぜんぶちがうや、あるとしたら「あたし」、あたしでまとまってんの、あたしでまとまってんの!

 

 

 

ピンクの電車にピンクの氷、ごめんね、なんのいみもなくて

 

 

 

 

 

 

 

大学の某講義で書いた文章です。「スポークンワード」を書いてきてね、というお題でした。