なんかの夢

隙あらば自分語り

とびだせ!のりちゃんランド

こんにちは。

朝に起きたので、久しぶりに私にも昼があります。

昼夜逆転が身に付きすぎて、朝のことをてっきり寝る時間だと勘違いするところでした。あぶないあぶない。

とはいえ、今日も6時に寝たんですが(最近は12時とか15時に寝てたから良い方)10時に起きちゃって強制的に昼を感じることになりました。

 

「とびだせ!のりちゃんランド」の話をします。

本当は、ポップな気持ちの時にポップな文章で書くつもりだったので、こんなに落ち着きちゃんな時に書くと思いませんでした。ごめんやで、昔の自分。

以下、常体敬体の乱立。文体をそろえた方がいいのは、原稿用紙の上だけだっておばあちゃんが言ってたんで大丈夫でやんす。

 

私は、人よりも一人でいる時間が長いからa.k.a友達が少ないから、大半を妄想の中で生きている。

私は、その妄想の世界のことを「とびだせ!のりちゃんランド」と呼んでいる。

何が「とびだせ」だよ、どんどん内にはいってんじゃねぇかと思うが、まぁどうぶつの森みたいなかんじでええやん!(ええやん!)と思ってるので良い。

最近考えた名称というより、かなり昔からこう呼んでいるので当たり前に人前でも「とびだせ!のりちゃんランド」と言ってしまうが、そのたびに?みたいな顔をされる。「お前はそういうやつだよな」という顔をした人にはのりちゃん検定3級をあげている。えっと、「のりちゃん検定」の説明は省きますね。大体わかるやろ。

 

とびだせ!のりちゃんランドには、いろんな人がいて、今仲良しな人々、昔仲良かった人、関わりはあんまないけど勝手に好きな人、好きな有名人やら推しやら様々である。

そこから、勝手に飲み会をセッティングして、「この人とはこんな話をしてみたいな」と思う話を私がする。(これはマジで実際に声に出してする。つまりは独り言。「そうだよね~」みたいな相槌もうつ。)

それとか、自分が飲み会に行って○○と話しているのをたまたま××さんが聞いていたら…という設定で話すこともあるし、単純に予行練習的に(好きな芸人)さんの出待ちをした時にはこういう感じで話そうみたいなのを行うこともある。

そのリアリティ(あり得そうな度合い)は様々で、マジで「あっ!これのりちゃんランドでやったとこだ!」ってことが現実で起きることもあれば、こんなん絶対ないやろ(道端で突然高橋一生に話しかけられるとか)ってこともある。

 

まぁ、そんながっつり妄想めいたことじゃなくても、私は他人のことをよく考えている。わかりやすく言うと、たいてい推しのことをずっと考えてる。(ただ、興味があれば結構広くいろんな人のこと考えているので、単に「推し」というのは少し抵抗がある。あくまでも「わかりやすく言うと」だ。)

昔のことを思い返すのも好きだし、他人のことを考えること(分析すること?)も好きだから、当たり前っちゃ当たり前の話ではある。

そこに私の異様な”ひとり時間”の長さがのっかって、妄想の中では多くの人と関わっているのに現実ではずっと一人ということが起きてしまう。

 

だから、今日朝起きてふと思ったことがぐさりと胸に刺さった。

 

「あぁ、誰も私のこと考えてないし知らないんだ」

 

妙にくっきりと現実が見えた朝だった。

朝や昼は現実が押し寄せてきやすい。こんなんだから、昼夜なんて逆転させてた方がいいんだよな。ほんまやで。

 

悲しい。私が、脳内で行ったあの飲み会もこの飲み会も実際には行われてないし、今考えてるあの人の頭の中にはもう私なんていないだろうし、一切関わりのない有名人(芸能人?芸人?)たちは私という存在が生きてることすら知らない。

 

私ってこんなに孤独だったでしたっけ?という気持ちになる。

ふえぇ…のりちゃんランドの魔法がとけちゃったよぉ…という気持ちになる。

 

昔の人が、「誰かが自分のことを思ってくれていたら夢にその人が出てくる」と思っていたのもうなずける。

誰かのことを考えてても相手に全く伝わらない現実、悲しすぎ辛すぎ虚しすぎ。

マジックミラーかよ。

 

あっ、オチがつかずに書きたいことを書き終えてしまった。

またもや、やおい記事、YOI記事、Yuri On Ice記事。

 

 

でも、結局とびだせ!のりちゃんランドは都合が良くて。(そりゃそうだ)

思い出したいときに引き出しからその人ひっぱってきちゃうし、ランド内に入れたくない人は全く入れてないし、お話してる途中で「おわりで~す」と言って終わることも多々あるし。

 

結論としては、妄想の中で済ませるんじゃなくて関わりたい人には積極的に関わりに行って、その人の中に私が生きるようにならなければならないということです。

もしかしたら、私も思いもよらぬ人から思われてるかもしれないし考えられてるかもしれない。私の夢とかに出てきてくれたらサインするので、気軽に来てくれよな!

 

あ~~~推しぴと仲良くなりてぇ~~~~~~~~(本音)

 

 

 

おわぴ。

 

 

 

 

 

おまけ。noteをしようかずっと迷っている私。

noteを作ろうかどうかとずっと悩んでいて、noteならもっと楽に文字が書けるのでは?とか、もっと意味のない話や葛藤を書けるのでは?と思っています。

ただ、すでにこれ(はてブロ)もあるしnoteも一個アカウント持ってるし、またもう一個作るの?はてブロとの使い分けは?と思う自分もいて。

Twitterのアカウント10個持ってる一面が出てしまっている。

どう思う?どっちでもええよな。わかる。

うげ~~迷うぜ~~~もっとミートソーススパゲッティの話とか書きてぇ~~~