なんかの夢

隙あらば自分語り

東京03単独公演『不自然体』参加記録

東京03第20回単独公演『不自然体』に行ってきました。

 

ここから書く文章は、ただただ私が推しについて語るだけです。

東京03のコントは面白い」と「豊本明長のことが好きすぎる」と「飯塚悟志は可愛すぎる」ということしか言いません。

微量のネタバレと沢山の私情を含みます。ご注意ください。

 

 

てなもんで、「不自然体」2列目の端っこで鑑賞してきた。

DVDではいくつかの単独公演を見たことはあったが、生は本当全然違う。

目の前で、声を張り上げたり声を震わせたりして「演じている」3人を見て圧倒された。

「不自然体」というタイトル通り、少し不自然な行動を題材としているのだが、「不自然な行動」を「自然に」しているのが凄すぎる。本当、芸人というより俳優なんだよなぁ。

 

また、生で見る特権として、私は話していない人に結構注目して見てた。

DVDだと話してる人が抜かれることが多いから、前々から写ってない人の行動が気になってたのだ。

その結果、豊本さんがさらに好きになってしまった。

だって、一言も発していないのに、あんなに場に溶け込んでしまうんだもん。あんなに存在感をコントロールできるんだもん。

場に溶け込んだ表情とか動きをする時もあれば、あえて不気味さを出す時もあれば、何であんなに雰囲気をコントロールできるんだ彼は。

贔屓目もバチゴリにあることは重々承知なんだけど、すげぇなって思った。

 

生だったのに加えて、2列目という良席だったために、表情がしっかりと確認できたのもとても良かった。

あと、実体としてそこに存在してるっていうのを感じられてテンションが上がった。

 

それに、今回のネタは私的に共感に次ぐ共感という感じで楽しかった。

東京03のコントは共感できるのに、ただの「あるある」で終わらないから面白い。話が二転三転していって、人物の関係性も少しずつ変わっていって、どんどん面白くなっていく。

面白いだけじゃなくて、ワクワクするというかなんか凄く楽しい気分になるから素敵だ。

 

 

あと、えーと、「飯塚悟志が可愛すぎる」話。知ってたけど、飯塚さん、あざとすぎる。いや可愛い。

あるネタの飯塚さんが完全に乙女の顔だった。可愛い。可愛いオブザイヤー。

あと、あのハイトーンボイスを生で聴けたのも嬉しかった。あれずるいよなぁ。可愛いし面白いし立派な飛び道具だよ...。

 

ちなみに、その「あるネタ」が私は一番好きだった。流石に、どこが好きとかはネタバレになり過ぎるので話す機会があればという感じだが、面白かった。

あと、そのネタはアルファルファ*好きとしては「はぁ、尊い」と言ってしまう感じで、その後の幕間映像含めて最高だった。

アルファルファいいなぁ大好きだよ。

 

アルファルファ東京03の前に、豊本さんと飯塚さんで組んでいたコンビ。豊本さんのキャラが違いすぎてびっくりする。「エレクトリックマン」とか「ジョンソン和尚」とかオススメ。

 

あと、握手会の話を少し。

角田さんは、あんなに人に興味がないのに、めちゃくちゃ優しく対応してくれて思わず好きになってしまった。

角田さんの演技と歌が大好きなのでその旨を伝えた。

飯塚さんは、可愛い。(それしか言ってない)思わずらなくても、好き。

ネタを主で書いてらっしゃるので、ネタが全部面白かった旨と、handmade works*のライブが楽しみな旨を伝えた。

豊本さんは、ちょっと屈んでくれて目線を合わせてくれるというか、下から覗き込んでくれる感じで、もう何か最高だった。割と記憶が曖昧だけど、大好きなんです〜ってことと育児頑張ってください!ってことを伝えた。

 

※handmade works…東京03バナナマンのユニットコント集団。東京03の結成10周年、バナナマンの結成20周年の年である2013年に1度目の公演が行われた。(DVD発売中!)

来年2019年の春に、2度目の公演をすることが明言してある。倍率クソ高いやろうけど、絶対行くって本能が叫んでる。

 

よくよく考えたら、中年既婚者との握手だったわけだけど、みんな手が暖かくて幸せな気分になった。

最近ちょっと太り気味の豊本さんは、アンパンマンみたいな手で、なんか素敵だった。でも、私はちょっと痩せて欲しいなとも思ってる。

そのあと、アンケートを書いたけど、手が震えて、脳内麻薬がドバドバで、幸福感に満ち満ちていて、ロクでもないこと書いたと思う。申し訳ない。

 

 

なんか、ぶっ通して書いて見ましたが、多分文体が揺れに揺れまくっている気がします。

完全に自己満足になってしまった。

来年の21回公演も、handmade worksの公演も楽しみだ〜!

 

ライビュに行くお金は流石にないので、DVDを楽しみにしている。オーディオコメンタリーも、追加公演で何するのかも楽しみだなぁ。